うたた ka-gu’s diary

障がいをお持ちの方の、生活と余暇支援を行っている・NPO法人うたたのブログです

2020-07-14から1日間の記事一覧

子ども食堂 約4割が再開めど立たず 新型コロナ影響と特集全体に一貫して流れているのは「魂の存在を疑え」というメッセージだ。それによると、人間の魂はあらかじめ存在するものではなく、その存在を自覚することによって初めて生まれるものであり、芸術はそれを自覚するための方法であると定義される。と、【私たちは、試行錯誤しながら学んでいくのでしょう。けれどもあらゆる分析的な旅を通して、患者はこの努力での不可欠なパートナーと見られましょう。】

自分の作業机が、勉強机になっています(笑)。この日は、統計の講義でエクセルを使うので、職員用のノートパソコンを借りて来ました。仕事用のはしっかりしたらパソコンで、大学院用のはやすいものなので、職員さん達が羨ましい(笑)。でも、セキュリティ…